スポンサーリンク

マンションとアパートの違いって何?一人暮らしに最適な物件選びのコツ

暮らし
この記事は約6分で読めます。
ぽっぽさん
ぽっぽさん

一人暮らしを検討されている方でアパートとマンションで悩んでいる方

アパートとマンションの違いがわからない方

本記事では、マンションとアパートの違いについて解説して見たいと思います。

不動産屋さんに行った時にアパート、マンションと行った単語を出されて、よくわからなかった経験はありませんか?

結論から行ってしまいますと、この二つに根拠のある明確な住み分けはありません。

つまり、マンションとアパートに明確な基準はありません。

ただ、明確な基準もない中で感覚的に不動産屋さんの言うマンションとアパートの差はなんとなくありますので、そこら辺をわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

マンションとアパートの違いは?

明確に決められた基準は、前の文章でもありません。

ですがそれじゃあ不動産情報に書いてあるあれはなんだ!ってなりますよね。

あの住み分けはそれを取り扱っている、大家さんや不動産屋さんがなんとなく決めている、

いわゆる自称になります

大家さんがこれはマンションだ、と言ってしまえばもう家みたいな昭和のボロ屋だってマンションです。

大手不動産サイト、A社さんではマンションと明記してあるものがB社ではアパートと書いてある。そんな曖昧な世界なんです。

余計こんがらがりますよね、すみません…。

マンションとアパートの一般的なイメージの違い

明確な基準は無いんですが、不動産屋さんや大家さんがなんとなく決める上でのよくある基準みたいなものは実はあります。

あくまでもこう言う分け方が多いと言ったものにはなりますが、まとめるとこんな感じです。

マンション

・防音がしっかりしている

・家賃は高め

・部屋の数がたくさんある

鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造

・階数が多い(3階以上)

・セキュリティがしっかりしてる

アパート

・防音性が悪い

・家賃が安い

・部屋が少ない

木造、軽量鉄骨造

・階数が少ない(3階建以下)

・セキュリティが弱い

書き出すと感覚値としてはこれぐらいあるかと思いますが、実際に大家さんや不動産屋さんが判断している部分っていわゆる、木造かコンクリートかの建物の構造で判断しているみたいなところが大部分だったりします。

建物の構造の違い

木造って言われるとなんとなくわかるかとは思いますが、RC造やSRC造とか言われてもあまりピンとこないですよね。

外から見てもあんまりわかりません。

マンションの構造

構造の細かい説明は省きますが、マンションと判断されることの多いのが、鉄筋コンクリート(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、重量鉄骨造(S造)みたいなものが多いかと思います。

これらの建築構造によって判断される内容は

高階層の建物を作ることができる(マンションが階数、部屋数の多い理由)

建築コストが高い(マンションの値段が高くなる理由)

防音性が高い可能性が多い(物理的に隣と上下の部屋との壁が厚くなることが多い)

アパートの構造

逆にアパートでよく判断されることが多い構造としては、木造や軽量鉄骨造(プレハブ造)のような建物が大部分を占めています。

これらの建築構造によって判断される内容は

高い階層の建物が作りずらい(アパートが階数、部屋数の少ない理由)

建築コストが抑えられる(アパートの値段が安くなりやすい理由)

防音性が低い可能性が多い(物理的に隣と上下の階の壁が薄くなることが多い)

このように構造によって決定されてしまう部分が多く、大家さんや不動産屋さんが構造によって決定をすることが多い大きな理由になっています。

防音性能等は、中に入れる防音材、断熱材、等の性能による部分も大きいため一概には言えませんが、比較的にこのような傾向が多いことは確かです。

自分にあったお家はどっち?

ある程度違いについてはわかっていただけたかと思いますが、実際のところどっちに住んだらいいのか、構造の違いって言われてもあんまりピンとこないですよね。

建物によってケースバイケースな部分はかなり大きいのですが、比較的にそれぞれによくある傾向からご自分にあったお家の選び方をまとめて見ました。

マンションに住んだ方がいいケース

・セキュリティを充実させたい

マンションでは多くがエントランスがあり、外部の人間をシャットアウトすることができます。

また、住民数が多い傾向にあるため、人の出入りが激しく不審者が入って来にくい傾向にあり高い階層の部屋に住めばベランダからの侵入も防げます。

・虫が嫌い

アパートでは住むところによりますが、十中八九、黒くて素早いあいつが出ます。

料理をしないなど限りなく可能性を下げることはできますが、出るときは出ます。階層が低いため入って来やすいのと、建物の隙間が多いので侵入経路が豊富です。

退治ができない方は3階以上の部屋に住むのがオススメです。

・防音性が優れていることが多い

マンションの方が絶対に防音性が高い、と言ったことはありませんが比較的防音性が優れている傾向にあるのは確かです。

構造そのものの問題、木造構造は木材を長持ちさせるため湿度を逃がす構造になっており、通気性がいいので音の通気性もいいことが多いです。

最近では優秀な防音建材等も開発されているので、絶対ではないんですが、築年数があるほどこの傾向は強いと言えるかと思います。

アパートに住んだ方がいいケース

・家賃を抑えたい

土地そのものの値段の問題もありますが、建築コストが比較的に抑えられることから、アパートはやすく貸してくれる傾向にあります。

その分耐久性等にデメリット等はありますが、買うわけではないのであまり気にしないでもいいかと思います。

・人が少ない環境が好き

部屋数の分母の問題で、入居者の数が断然に少ないことが多く、下手をすれば人にほとんど会わずに生活することが可能です。

その分セキュリティ面ではエントランス等もないので良くはありませんので、女性の方等は注意が必要です。

・隣の生活音が気にならない

隣の生活音が気にならない人にとって、アパートはとても最適な環境と言えるのではないでしょうか、音さえ我慢できるのなら、他人と顔をあわせることが少なく、家賃が安いのはメリットしかありませんので、オススメです。セキュリティに関してはご検討ください。

あとがき

アパートやマンションは住まれる人によってはどちらの方がいいか分かれる部分が多くこっちの方がいいという事はありませんが。(あればその構造の建物だけになっているはず)

物件によっては、木造だろうがマンションとうたっている物件も多く中には、[〇〇コーポ][△△ハイツ][アーバン□□]など、良くわからないくくりになっっている物件も山ほどあります。

あまり名前に惑わされず、とりあえず構造をチェックして物件を判断できるようになるといいかもしれませんね。

コメント