スポンサーリンク

【どちらを選ぶ?】ソフトバンクAirとソフトバンク光の比較検証

IT
この記事は約7分で読めます。
ぽっぽさん
ぽっぽさん

ソフトバンクのケータイをお持ちで、ネット回線をキャリアとまとめたい方

Wi-Fiの新規契約を検討している方

普段から身近にあるネット回線。今や各家庭に固定回線があるのが当然になっており。携帯電話と一緒に契約してもらおうと、3キャリア全てがおうちの固定回線の販売もおこなっています。

その中でもソフトバンクは「光」と「Air」の2種類の家の固定回線を販売していますが、調べてみると、それぞれに良い口コミ悪い口コミがどちらも同じくらい出てきます。

実際どっちがいいのか。

本記事では元ソフトバンク店員から聞いた内容をもとに両者を比較しながら分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

契約する前に知っておきたい事

どちらを契約する前に知っておいて欲しいことがひとつあります。

固定回線と言っても、たくさんあるので迷ってしまいますが、選択を狭める1つの基準として携帯とのセット割に注目してください。

その点から、スマホをソフトバンクorワイモバイルで契約している方。

絶対にソフトバンク光かソフトバンクAirを契約した方がお得です。

ソフトバンクのスマホを使っていて、ソフトバンクの固定回線を契約した場合、毎月1000円の割引がスマホに適用されます。「おうち割」というやつです。

もちろんソフトバンク・ワイモバイルを使っていない方にもオススメですが、ソフトバンクの固定回線を検討中なのでしたら、一緒に携帯の乗り換えも考えてみるといいかもしれません。

その点を抑えた上で、ソフトバンク光がいいのかソフトバンクAirがいいのかを比較していきましょう。

ソフトバンク光

ソフトバンク光はNTTフレッツ光の回線を使ったソフトバンクが提供する光回線です。

フレッツ光が回線をソフトバンクに小売りしている感じになっています。

ですのでフレッツ光とほぼほぼ同等の値段や速度で光回線が使える仕組みです。

料金

やっぱり気になるのがここですね。ソフトバンク光の料金は2パターンです。

  • 戸建てタイプ 5,200円
  • マンションタイプ 3,800円

ちなみにソフトバンク光のプロバイダはYahoo! BB一択で、上記の料金の中にプロバイダ料金も含まれている形になっています。ややこしくなくていいですね。

初期費用

ソフトバンク光の新規契約には初期費用が発生します。

  • 事務手数料 3,000円
  • 工事費用 9,600円~24,000円

事務手数料は必ずかかる費用だと思ってください。ただ、工事費用は実質無料のキャンペーンをわりと毎月実施しています。一度立て替える形で支払って、あとから月額料金から割引という形で還元されます。毎月1000円割引×24ヶ月で24,000円還元って感じです。

※キャンペーン内容によっては、一括キャッシュバックの場合もあります。時期によって違いますので必ず確認しましょう!

速度

速度に関しては「かなり速い!」「昼は速いけど夜は遅い」という口コミが多く見られます。

他社回線からソフトバンク光に乗り換えたユーザーの多くは「速くなった!」という声が多いです。しかし、夜の回線が混み合う時間帯は昼に比べると速度が落ちてしまうようです。とはいえ、イライラするほどの遅さではないようですね。

工事【申込から開通までの流れ】

ソフトバンク光には開通工事が必要になります。

  • 1 エリア確認を行う
  • 2 ソフトバンク光を申込む
  • 3 工事の日程を決める
  • 4 開通工事を実施
  • 5 接続設定
  • 6 開通!

こんな流れでソフトバンク光が使えるようになります。

1番時間がかかるのは、工事日程を決めてから開通工事をするまでです。NTTフレッツ光の回線を使うため工事はソフトバンクではなくNTTが実施します。

工事には立ち会いも必要ですので自分の日程とNTTの日程がなかなか合わず申込から開通まで3ヶ月かかった、、なんて方もいらっしゃいます。最短でも2週間はかかると思ってください。

その辺も考えて、余裕を持って手続きした方がよさそうですね。

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換える方は工事が必要ありませんので、モデムだけソフトバンクのものに変えればOKです。

その場合は説明書を見ながらご自身でモデムの交換をします。モデムさえ届けばすぐに開通するので、申込から2週間以内には必ずソフトバンク光が使えるようになります。

ソフトバンクAir

ソフトバンクAirは、ポケットWiFiと光回線のいいとこ取りをしたものです。

コンセントに差すだけで、おうちがWiFi環境になります。

容量は無制限です。ポケットWiFiはだいたい7GB~10GBの利用制限がありますが、ソフトバンクAirにはありません。通信制限なるものは存在しないです。

料金

ソフトバンクAirには機器購入とレンタルの2パターンの料金があります。内訳にするとこんな感じです。

機器購入

  • 基本料金 5,270円
  • 機器購入36分割 1,620円
  • 月月割 -1,620円

レンタル

  • 基本料金 5,270円
  • 機器レンタル料金 490円

ソフトバンクAirのターミナルを買うと1,620円のターミナル分割料金が発生しますが、毎月同じ金額の月月割があるのでターミナル料は実質無料です。

一方、ターミナルをレンタルする場合はレンタル料金490円で割引は特にないので 購入した方が安いということになりますね。

他にも割引がありますが、時期によって内容が変わってくるのでここには記載しません。基本的には上記の料金がかかるものと考えていただければと思います。

初期費用

工事がないので事務手数料の3,000円のみです。

速度

速度についてはソフトバンク光よりは確実に劣ります。

ここについての口コミは、わりと散々です。「遅すぎる」「使い物にならない」なんて言われてます。

実際、私はソフトバンクAirユーザーですが。昼間に不便を感じたことはありません、夜は遅すぎてWiFi切ってスマホを使うこともありますが。

ネットサーフィンをするくらいなら問題ありませんが、アップロードしたり、動画を再生するなどすると回線が混み合ってる時間帯だと止まります。

工事【申込から開通までの流れ】

工事は全く必要ありません。ソフトバンクAirの推せるところはここです。

使えるようになる流れとっても簡単です。

  • 1 エリア確認
  • 2 申込
  • 3 ターミナル受取
  • 4 家に帰ってコンセントを差す
  • 5 パスワードを入力
  • 6 開通!

開通までの期間はターミナルの在庫がありさえすれば即日。

私は、現在は光回線の工事が出来ないタイプのマンションに住んでます。(マンション自体で何かの光回線に契約していて、その光回線を使いたい住人は家賃にプラスアルファで光回線の料金を払う仕組みみたいです。)

そんな方には コンセントに差すだけのソフトバンクAirはかなり便利なのではないかと思います。

引越しの時も楽です。新居に持って行ってコンセント差すだけですからね。光回線だと回線の撤去工事して新居でまた開通工事してっていう工程があります。

撤去工事にも開通工事にもお金がかかりますし、その点コンセントに差すだけのソフトバンクAirは強いです。

ソフトバンク光とソフトバンクAir契約するなら?

ソフトバンク光とソフトバンクAirの特徴を紹介してきましたが、どちらにも良い面悪い面がありますが、

開通工事が可能であるならばソフトバンク光かなと思います。おうちでのネット環境はやっぱり必要ですし、せっかく導入するなら速度は速い方が絶対良いです。

そしてどちらもソフトバンクのスマホとのセット割がある訳ですから、ソフトバンク光の方がストレスなく、お得に使えます。

ただ、住んでるマンションによっては開通工事がそもそも出来なかったり、よく引越しをする人だったり、夜に動画とか見ないし普通にネットサーフィン出来ればいいという人はソフトバンクAirで良いのではないかと思います。

まとめ

ソフトバンク光

・速度は基本的には速い

・夜間は回線が混み合うため若干遅くなる

・開通工事がある申込から開通までの期間が長い

ソフトバンクAir

・速度は期待しない方がいい

・夜間は動画が止まる

・工事無しでコンセントに差すだけ

・無制限だから無限に使える

いかがだったでしょうか。

ご自身のネットの使い方や、おうちの環境を考えてから どちらが適切なのか選んでみてください。

コメント