スポンサーリンク

【こんな方法で引っ越しの費用が…!?】予算を抑える自分に合った引越し方法の選び方

インテリア
この記事は約5分で読めます。
A子さん
A子さん

引越し業者で見積もりを取ったら10万円以上になっちゃった…。

ぽっぽさん
ぽっぽさん

引越しには引越し業者以外にもいろんな方法があって荷物の量と距離で予算をぐっと抑えられるよ!

スポンサーリンク

荷物の量と予算で引越し方法を選ぶ

引越しの方法は、荷物の量や新居までの距離、予算などによって変わってきます。

例えば、家具などの大きな荷物が多い場合や引越し先が遠方などの場合では、「引越し業者」に頼むのがおすすめです。

反対に、家具などの荷物が少ない場合や、引越し先が今のお家から近い場合は「自分で行う」ことができるものはなるべく自分ですることで費用を節約しましょう。

その引越し見積もりサイト、本当に簡単なの?【引越しラクっとNAVI】

 

引越し専門業者に依頼しない場合は

引っ越しに業者を利用しない場合は、荷物を運ぶ手段を用意し運ぶ準備をしたり、実際運ぶ準備をしたり、実際に運んだりする必要があります。

友人や家族に手伝いをお願いできる方やそうでない方もいると思いますが、ご自身でできる範囲を考えつつ上手に節約すれば費用をぐっと抑えられます。

赤帽を利用する場合

近距離の引越しで荷物も少ないような場合は赤帽に依頼してみてはいかがでしょうか。

「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」通称、「赤帽」ですが、聞いたことのない人も多いかと思います。

いわゆる個人の運送屋さんに頼むようなもので、荷物や距離によりますが、拘束が短時間、距離が近いなどの条件が合えば割安になります。

赤帽をお探しの場合は、「あかぼうサーチ」などでお近くの赤帽業者を探すことができます。

例えば
  • 2時間以内
  • 移動距離30km以内

車1台、ドライバー兼作業員1名で、12300円〜など ※シーズンや曜日によって変動します。

宅配便を利用する場合

宅配便を利用する場合にも各社の引越しサービスがあり、よくあるのが一定の大きさに入りきる量の荷物を当日〜翌日着で届けるサービスとなります。

運べる荷物の制限がありますが、費用は安く抑えることができます。

またその場合、大きい家電等は、専門の宅配業者も居たりしますので、お住いの地域に応じて探してみてください。

関東にお住いの方は宅配便では送れないような大物家具家電でも、設置や梱包材の回収までしてくれる、「家具・家電の配送トータルサポート【デカ宅】」などが便利です。

例えば
  • 約104cm×104cm×170cmのボックスに入りきるだけの荷物
  • 搬送先が同市内

ドライバー1名+作業員1名で、12600円〜など ※依頼する宅配業者により異なります。

レンタカーを利用する場合

レンタカーを借りる場合は、利用料金に加えガソリン代もかかります。

自分で運ぶことになりますので、荷物が多い場合は、友人や家族の助けが必要になってきますのでお願いできるという方にはオススメです。

【全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約】

例えば

軽トラック

  • 6時間  5300円〜
  • 12時間 6400円〜

ワンボックスカー

  • 6時間  5300円〜
  • 12時間 6400円〜

※その他保険等に要加入。

引越し専門業者に依頼する場合は

引越しの専門業者には、荷物の搬出入だけを行うプランや、引越しの準備から荷ほどきまで、全てサポートしてくれるプランなど様々な頼み方が可能です。

内容をよく検討し、ご自分に合ったプランを見つけてみてください。

見積もりを取るための必須事項は

引越しを依頼する際には、必ず必要になる情報があります。

見積もりを依頼する前に、自分の状況や希望をまとめておくと後で困りません。

今住んでいる家は?

  • 住所
  • お部屋は何階にあるか
  • エレベーターの有無
  • 間取り

引越し先のお家は?

  • 住所
  • お部屋は何階にあるか
  • エレベーターの有無
  • 間取り

どんな荷物がある?

  • 大型の家具(食器棚・ベッド・本棚・洋服収納棚 etc…)
  • 家電(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・レンジ・オーディオ etc…)
  • 箱に詰められない荷物(布団、マットレス、椅子 etc…)
  • 箱詰めした荷物(ダンボールOOサイズ 約O個分)
  • その他大型のもの(観葉植物、バイク、自転車 etc…)

引越しの希望時期は?

  • 引越しの予定時期
  • 希望の時間
  • 希望する作業(引越しの準備等からお願いするか、搬出入だけでいいのかなど)

引越しのお見積もりは複数の会社から比較しよう

引越し業者に頼む場合、料金は方法によって様々ですが、「簡単な方法ほど高い」ものです。

ですが引越し業者は、サービスの内容から料金まで様々あり

「あの会社が有名だからあそこにしようかな」と初めから決めるのではなく、必ず複数社からお見積もりをとってプランを比較してみるのがいいかと思います。

目星の引越し業社をピックアップして、それぞれの業者へ電話やネットでお見積もりを依頼する方法や

複数の業者へ簡単に一括見積もりが取れる引越し屋などのサイトを利用してみるのもいいかもしれません。

また、とにかく安くすませたいなら小さめの引越し業社を探すのも狙い目です。広告等を出して居ないケースが多く、探すのは難しいですが、周りで最近引越しをした人なんかに聞いてみるのもいいかもしれません。

チェックポイント

安くしたい場合は、引越しの日時にも注意が必要。

休日よりも平日。午前よりも午後。のほうが割安になります。

 

最後に

お引越しっていざ自分でやろうと思うと、すごい労力がかかって大変ですよね。

しかも宅配便やら廃棄処分やらで気がついたら結構お金がかかってしまい、「こんなことなら引越し業社に頼んでおけばよかった」なんてことにも…。

お時間に余裕があれば、一度全てのパターンで比較検討してみるのも良いかもしれませんね。

コメント